蔵出し品やコレクターからの受譲品が多数入荷中 古民芸・骨董水馬

お気軽にお問い合わせください

古民芸・骨董水馬 TEL:048-652-3710
【受付時間】
10:00~17:00
【定休日】
日・祝・年末年始
メニューボタン

商品紹介

HOME> 商品紹介> 上記以外のもの> 朱塗小形丸底壺形土器   弥生時代~古墳時代   

朱塗小形丸底壺形土器   弥生時代~古墳時代   

価格 15000円(ご予約頂きました)(税別)

口径10.8㎝ 胴径13.2㎝ 底部の明確な範囲は解かりませんが、幾分荒れている部分の範囲は約5.5㎝ですので底部と思います 高さ9.0㎝ 重さ464g 容量520cc。丸底ですが自立します。口縁部から胴下部に掛けてニユーが1本見られ水漏れします。永年土中に埋まっていたようで土臭を強く感じましたので、水を入れ.零して天日に干す.と言う作業を繰り返したところ土臭はなくなりました。文様は施されておらず、口縁部の内側から外側は底部近くまで綺麗に磨かれ、赤い顔料(恐らく朱か丹.ベンガラ)で彩色されています。赤色に対する当時の人々の考えからすると、日常使用する土器ではなく祭祀用の道具として製作された特殊な土器なのでしょう。内部の口縁部下に白い付着物がありますが、当時のものかも知れないのでそのままにしてあります。近年偶然掘り出されたものなのでしょうが、その際にニユーが出来たのでしょう。私は関東地方で発掘調査の仕事に携わっていましたが、これほど丸々とした状態(ほぼ完全な状態)で出土するというのは大変珍しいことでした。本品は加えて赤く彩色されていますので当時文化的に進んでいた西日本出土のように思います。座右に置いて観賞するのも良し、小花を活けて(落しを入れてください)楽しむも良し、卑弥呼の時代を想像して楽しむのもまた良しでしょうか。その他24-77

お問い合わせはお気軽に

【営業時間】10:00~17:00
【定休日】日・祝・年末年始

(場合によってはお客様都合に合わせます)
※但しご来店の際はお電話ください。

ページトップへ