蔵出し品やコレクターからの受譲品が多数入荷中 古民芸・骨董水馬

お気軽にお問い合わせください

古民芸・骨董水馬 TEL:048-652-3710
【受付時間】
10:00~17:00
【定休日】
日・祝・年末年始
メニューボタン

商品紹介

HOME> 商品紹介> その他陶磁器> 無地古唐津山瀬窯長石釉立酒盃(1)   桃山時代   

無地古唐津山瀬窯長石釉立酒盃(1)   桃山時代   

価格 25万円(税別)

口径5.8~5.9㎝ 底径2.8㎝ 高さ4.7~4.9㎝ 重さ67g 容量55cc。山瀬窯は岸嶽系の窯の中でも異色な古窯で、岸嶽直系の技法を反映しながらも甕類や大壷類はあまり作らず、成型の薄い水引きが特長で碗・皿類などのような小形の器が多く見られるようです。伝世品は非常に少なく本品は珍しい類例と思います。作行は薄作りで口縁部を見ても2㎜程の厚い部分と1㎜程の薄い部分がありますが、幸いなことに無キズの状態です。山瀬窯の胎土は古唐津の中でも特殊で「ねっとりした鉄分の少ない白い細かい胎土」ですが、陶土の粒子が粗で不均一でもあり、古唐津の力強い粗野な個性美を保っています。透明な長石釉を掛けており.外側は灰白色に.内側はうす枇杷色に発色していますが、内側の見込み部には垂れて白く溜まった部分があり酒を注ぐと白さが目に飛び込んできます。外側の無釉部分はビスケット色に焼け、高台周りは強く焼締まり.高台の削り出し痕には特有な縮緬皺が見られます。コレクター氏からの譲渡品ですが手許にあった古箱に収納しました。その他28-72 

お問い合わせはお気軽に

【営業時間】10:00~17:00
【定休日】日・祝・年末年始

(場合によってはお客様都合に合わせます)
※但しご来店の際はお電話ください。

ページトップへ