蔵出し品やコレクターからの受譲品が多数入荷中 古民芸・骨董水馬

お気軽にお問い合わせください

古民芸・骨董水馬 TEL:048-652-3710
【受付時間】
10:00~17:00
【定休日】
日・祝・年末年始
メニューボタン

商品紹介

HOME> 商品紹介> その他陶磁器> 粉青沙器象嵌徳利   李朝時代初期(15世紀)   

粉青沙器象嵌徳利   李朝時代初期(15世紀)   

価格 4万円(税別)

口径2.9㎝ 胴径8.4㎝ 高台径4.1㎝ 高さ11.3㎝ 重さ190g 容量160cc。口縁部が欠けたのを銀直しで接着してありますが、直し方を見ると韓国で直されたようです。油臭さもしませんし、前所有者も使用していたそうです。燗酒で使用する場合は銀直しの下までにした方が宜しいと思います。外側は撫でると輪積の痕がゴツゴツと感じます。粉青沙器は朝鮮半島で李氏朝鮮時代の前半の15世紀を中心に作られた磁器の一種で、鉄分の多い陶土に白土釉を化粧掛けし透明釉を掛けて焼造したものです。高麗時代末期の14世紀半ばに発祥し、15世紀に最盛期を迎え16世紀前半には消滅しています。その他9-27

お問い合わせはお気軽に

【営業時間】10:00~17:00
【定休日】日・祝・年末年始

(場合によってはお客様都合に合わせます)
※但しご来店の際はお電話ください。

ページトップへ