蔵出し品やコレクターからの受譲品が多数入荷中 古民芸・骨董水馬

お気軽にお問い合わせください

古民芸・骨董水馬 TEL:048-652-3710
【受付時間】
10:00~17:00
【定休日】
日・祝・年末年始
メニューボタン

商品紹介

HOME> 商品紹介> 仏教美術> 木彫釈迦如来立像   平安時代   

木彫釈迦如来立像   平安時代   

価格 35万円(税別)

像高24.5㎝ 横幅8.0㎝ 奥行4.5㎝ 総高30.5㎝(木台含)重さ394g(木台含)。現状の本尊の木肌は汚れなどを洗い落としたようにツルツルの状態ですが材質は解かり兼ねます。頭部と体部が一材から彫り出された一木造りで、頭部には肉髻.螺髪があり、肉髻珠は欠損していますが穴内は朱色が塗られています。額の白毫も抜け落ちています。眉毛と耳は大きく目は切れ長で.口は小さく閉じ.顎皺があるように見えますが、お顔全体から受ける印象は優し気に感じます。三道を刻み両肩を覆う通肩で、両手首を欠損していますが想像するに右手を施無畏印.左手を与願印を表していると想像しています。なお、両手首に接着剤の痕が見られますが下手な後作より寧ろない方が自然に見えます。荒く深い衣文線を刻み腹前を隆起させています。全体に黒と白色が僅かに残っていますが、電気付きのルーペで観察すると、螺髪.大衣の袂.背の一部.耳.額上部.前面の穴周りに極小の金箔が確認出来ますので、当初は彩色仏だったようです。背面下部中央部と虫喰い部分の下部に金具の頭があります。時代物ですのでキズ気は記載した以上に見られますが、古代仏としては保存状態は良好と考えています。仏2-10

お問い合わせはお気軽に

【営業時間】10:00~17:00
【定休日】日・祝・年末年始

(場合によってはお客様都合に合わせます)
※但しご来店の際はお電話ください。

ページトップへ