蔵出し品やコレクターからの受譲品が多数入荷中 古民芸・骨董水馬

お気軽にお問い合わせください

古民芸・骨董水馬 TEL:048-652-3710
【受付時間】
10:00~17:00
【定休日】
日・祝・年末年始
メニューボタン

商品紹介

HOME> 商品紹介> 茶道具> 御深井焼広口茶入  江戸時代前期 象牙蓋 蜂谷宗致(頑魯庵)箱書 

御深井焼広口茶入  江戸時代前期 象牙蓋 蜂谷宗致(頑魯庵)箱書 

価格 12万円(税別)

口径6.4~6.6㎝ 胴径7.9㎝ 底径4.8㎝ 高さ7.5㎝ 重さ204g(牙蓋含)容量170cc。底部を除き透明度の高い灰釉系の所謂「御深井釉」が掛けられており、口縁部から胴中央部までは変色し魚子貫入がはっきりと見え、中央部以下は薄緑色に発色しています。釉下に呉須で文様らしきものが描かれ(?)ていますが、焼成中に釉薬の垂れて流れるのに併せて呉須も美しく流れ景色を創り出しています。御深井焼の特徴と言えばこの「流れやすい」ことでしょうが、本品も下部に流れた釉薬が厚く溜っている部分がありますし、最下部に3ヶと1ヶの指痕があります。内側も見込み部周りに釉が溜まり緑色に発色し大きな火間も見られ景を添えています。牙蓋も時代物でトロトロの味が出ており、裏側に貼ってある金箔は薄れて面影を留めておりませんし、当初の仕覆も傷んでおり2代目の仕覆に収まっています。御深井焼は言うまでもなく尾張徳川家の御庭焼で殿様窯とも呼ばれ格の高さを誇り材料や陶工も吟味を尽くし、名古屋城内の御深井丸に窯が築かれたところからこの名がありましたが、明治3年(1870)に廃されました。蓋のタトウに墨書で「御深井焼広口茶入 銘城太鼓 頑魯庵箱書 〇亭蔵(朱印)」と持ち主の文字と朱印があり、蓋裏にも墨書で「尾州御庭焼 廣口茶入 銘 城太鼓 頑魯宗花押」の箱書きがあります。頑魯は志野流香道18世(15代)蜂谷宗致(頑魯庵)のことですが、15世宗意存命中の元治元年(1864)兵火により家屋を焼失、尾張家の庇護により名古屋に移り住んだのが縁で箱書きをしたのでしょう。宗致( 頑魯庵)は 明治7年~昭和6年の人ですが、箱書きの際には名古屋城は往時のままで太鼓櫓がありましたので、太鼓の形をしている本品に城の大太鼓をイメージし「城太鼓」の銘を冠したのでしょう。なお、本品は向付.筒茶碗として製作されたものを茶人が牙蓋を誂え茶入れに見立てたものを宗致が箱書きしたのでしょう。香道も他の諸芸能と同様に維新後衰退しましたが、戦後に盛り返して昭和63年に「志野流香道」として名古屋市の無形文化財に指定されています。

お問い合わせはお気軽に

【営業時間】10:00~17:00
【定休日】日・祝・年末年始

(場合によってはお客様都合に合わせます)
※但しご来店の際はお電話ください。

ページトップへ