蔵出し品やコレクターからの受譲品が多数入荷中 古民芸・骨董水馬

お気軽にお問い合わせください

古民芸・骨董水馬 TEL:048-652-3710
【受付時間】
10:00~17:00
【定休日】
日・祝・年末年始
メニューボタン

商品紹介

HOME> 商品紹介> その他陶磁器> 万暦朱泥皿(?) 大小2点  16~17世紀   

万暦朱泥皿(?) 大小2点  16~17世紀   

価格 2万円(税別)

大は口径15.1~15.3㎝ 底径7.7㎝ 高さ3.9~4.1㎝ 重さ277g。大きさの割に重量感があります。口縁部内側は黒色が塗られ、唐草文様で黒色を剥ぎ落しています。見込み部は赤の二重円線で画されていますが、口縁部から赤の二重円線に向かって3本1組の線が16組描かれ、見込み部内には赤と金で半菊花文が3ヶ描かれ、その空間に金と緑で五弁の花のような文様が描かれていますが色落ちしています。外側は口縁部下と胴最下部に緑の線が廻り、その間の胴部に赤を主体に緑と金泥を添えて、半菊花文と草文が描かれています。畳付き部は3ヶ所に切れ目が入り磨かれて丁寧に作られています。大の方は裏側に.小の方は表と裏側にピンポールが沢山見られ、中に時代の汚れが詰まっています。2点とも経年変化による汚れが目立ちますが、白磁の部分は白い部分が残っており当初は綺麗な皿であったと想像出来ます。2点共にニューや釉の剥がれがありますが、時代の深さがキズを覆い包んでくれそうに思います。手許にきて1年が過ぎましたが未だ時代と産地が詳らかに出来ませんが、何となく魅力のあるお品です。収納されている箱が共の箱と仮定すると万暦朱泥皿で、中国明の万暦年間(1573~1619)頃のものと言うことになりますが、そんな面構えをしているように見えます。恐らくその頃の南方系の産と思いますが、皆さんはどう判断されますか。  

お問い合わせはお気軽に

【営業時間】10:00~17:00
【定休日】日・祝・年末年始

(場合によってはお客様都合に合わせます)
※但しご来店の際はお電話ください。

ページトップへ