蔵出し品やコレクターからの受譲品が多数入荷中 古民芸・骨董水馬

お気軽にお問い合わせください

古民芸・骨董水馬 TEL:048-652-3710
【受付時間】
10:00~17:00
【定休日】
日・祝・年末年始
メニューボタン

商品紹介

HOME> 商品紹介> 仏教美術> 木彫漆箔如来坐像   南北朝~室町時代  

木彫漆箔如来坐像   南北朝~室町時代  

価格 5万円(税別)

横幅7.6㎝ 奥行6.7㎝ 高さ8.8㎝ 重さ42gと軽く感じます。両腕先を欠損しており印相が解かりませんので如来としました。頭部には肉髺.肉髺珠.螺髪があり、眉間に白毫を持っています。肉髺珠と白毫は水晶のように見えますが、肉髺珠は瑪瑙の可能性もあります。半眼の中に玉眼が嵌め込まれ、お優しい顔立ちをしていますが鼻が一部傷んでいます。両肩を1枚の袈裟で被う通肩の如来様で、背側の袈裟は漆箔が良く残り眩しい程ですので、かってはお厨子内に安置されていたのでしょう。前面特にお顔は線香の煙に燻され黒々としており、他の部分も煤に被われ金箔が所々で確認出来るだけですが、底面の一部にまでも金箔が確認出来ますので、恐らく煤と埃のしたにも金箔が残っていると想像しています。かっては立派なお厨子に安置されていた高貴なお方の念持仏だったのではないかと想像しています。時代は室町時代までは下らないと思っています。

お問い合わせはお気軽に

【営業時間】10:00~17:00
【定休日】日・祝・年末年始

(場合によってはお客様都合に合わせます)
※但しご来店の際はお電話ください。

ページトップへ