蔵出し品やコレクターからの受譲品が多数入荷中 古民芸・骨董水馬

お気軽にお問い合わせください

古民芸・骨董水馬 TEL:048-652-3710
【受付時間】
10:00~17:00
【定休日】
日・祝・年末年始
メニューボタン

商品紹介

HOME> 商品紹介> 仏教美術> 銅製三面大黒天像   桃山~江戸時代初期 

銅製三面大黒天像   桃山~江戸時代初期 

価格 9万円(税別)

横幅4.5㎝ 奥行3.5㎝ 高さ4.6㎝ 重さ137g。掌に乗る小仏で黒々としています。通常の三面大黒は大黒様のお顔が三面付いているものを多く見掛けますが、本品は時代も少し遡り、中央に大黒天.左に毘沙門天.右に弁財天が一体となった神仏で、大黒天は金運の神.弁財天は福徳財宝を授ける神.毘沙門天は戦いの神として多くの戦国武将から支持されてましたが財運の神としても有名です。日本においては最澄が毘沙門天・弁才天と合体した三面大黒を比叡山延暦寺の台所の守護神として祀ったのが始まりと伝えられています。大黒天が憤怒相をしているのは鎌倉期頃までで、以降は大国主神と習合して本品のような福徳相で作られたようです。水飲み百姓の子に生まれた豊臣秀吉が天下人まで登り詰めたのは三面大黒天を信仰していたからと言われといます。座右愛蔵してください。

お問い合わせはお気軽に

【営業時間】10:00~17:00
【定休日】日・祝・年末年始

(場合によってはお客様都合に合わせます)
※但しご来店の際はお電話ください。

ページトップへ