蔵出し品やコレクターからの受譲品が多数入荷中 古民芸・骨董水馬

お気軽にお問い合わせください

古民芸・骨董水馬 TEL:048-652-3710
【受付時間】
10:00~17:00
【定休日】
日・祝・年末年始
メニューボタン

商品紹介

HOME> 商品紹介> その他陶磁器> 高麗青磁雲鶴文白黒象嵌徳利   高麗時代末期~李朝時代初期

高麗青磁雲鶴文白黒象嵌徳利   高麗時代末期~李朝時代初期

価格 4万円(税別)

口径3,2㎝ 胴径7,5㎝ 高台径4,7㎝ 高さ12,2㎝ 重さ240g 容量130cc。口縁部外側に古い小ホツ2ヶありますが使用に障りはありません。内外共に青磁釉が掛けられていますが、胴部から高台部,底部には釉が溜まって綺麗に発色しており見所のひとつです。また同中央部に描かれた鶴2羽と瑞雲文2ヶ所にも青磁釉が強く発色し、本来白象嵌の部分が青味がかって発色し寧ろ景色になっているように思えます。畳付き部が赤味がかっており、高台内には小砂利が一部付着しその対比もまた楽しいものです。頸部と胴部の境に1本の円線が廻っていますが、本来は白象嵌で表現されるのでしょう。窯の中で偶然に出来たある意味の失敗作ですが、焼成時に捨てられずに製品として取り上げられ、永い歳月を経てみると寧ろ平凡な物より愛着を感ずるのは臍曲がりなのでしょうか。胴中央部から底部に掛けて厚作りのように感じます。桐箱入りで箱脇には「高麗 青磁 徳利型花入」と書かれた新しい貼紙があります。

お問い合わせはお気軽に

【営業時間】10:00~17:00
【定休日】日・祝・年末年始

(場合によってはお客様都合に合わせます)
※但しご来店の際はお電話ください。

ページトップへ