蔵出し品やコレクターからの受譲品が多数入荷中 古民芸・骨董水馬

お気軽にお問い合わせください

古民芸・骨董水馬 TEL:048-652-3710
【受付時間】
10:00~17:00
【定休日】
日・祝・年末年始
メニューボタン

商品紹介

HOME> 商品紹介> 茶道具> 古萩松本焼白萩釉鉢   江戸時代中期  時代箱入り

古萩松本焼白萩釉鉢   江戸時代中期  時代箱入り

価格 4万円(税別)

口径23.9x14.3㎝ 高台径9.8x8.0㎝ 高さ9.2~12.0㎝ 重さ1050g。時代箱(共箱)の蓋表に墨書で「松本萩 鉢 喰櫃形」とありますので、萩藩の御用窯として萩の城下松本で開窯していた「松本焼」の作品と思われます。松本焼は坂.三輪.林の三窯がありましたが、本品は何処の窯のものかは解りませんが、胎土は褐色系で高台の釉切れの所を見ると赤褐色に焼けており、全体に白萩釉が掛けられた豪快な作りの鉢に仕上がっています。見込み部と高台内に窯割れがあり抜けていますが、鉢としての使用には障りがないので出荷されたのでしょう。萩では江戸時代中期に周防国大道村で真っ白できめ細かい「大道土」が発見され、以後高級茶器が焼かれるようになりますが、本品の胎土を見るとそれ以前のもののような気がします。時代箱の上部は割れており、接着されていますが時代を感じさせられます。近年貼紙をはがし新しく「花入」の墨書が書き加えられましたような痕がありますが、消去すると箱自体の品位が落ちますのでそのままにしてあります。箱の両脇に「ハ第百七拾番 松本萩鉢」「松本萩鉢 喰櫃形」と墨書のある貼紙があります。

お問い合わせはお気軽に

【営業時間】10:00~17:00
【定休日】日・祝・年末年始

(場合によってはお客様都合に合わせます)
※但しご来店の際はお電話ください。

ページトップへ