蔵出し品やコレクターからの受譲品が多数入荷中 古民芸・骨董水馬

お気軽にお問い合わせください

古民芸・骨董水馬 TEL:048-652-3710
【受付時間】
10:00~17:00
【定休日】
日・祝・年末年始
メニューボタン

商品紹介

HOME> 商品紹介> その他陶磁器> 唐津皮鯨立酒盃(1) 江戸時代中期~後期

唐津皮鯨立酒盃(1) 江戸時代中期~後期

価格 3万円(税別)

口径6,5~6,7㎝で口縁部上に鉄釉が塗られ皮鯨になっています。高台径4,0㎝ 高さ5,6~5,8㎝ 重さ115g。容量70cc弱。口縁部は外反し.口縁部下で括れ.胴上部で少し膨らみ高台部へ移行していますが、口縁部の一部は指で押し込まれています。畳付き部は幾分「三日月」高台気味の碁笥底で、高台内部には兜巾の名残のようなものが見られます。胴最下部と高台部の境には切込みが見られます。内部に小石が飛び出しそうな部分が見られます。素地に土灰釉を掛け口縁部に鉄釉を巻いています。江戸時代初期頃までの古唐津はざっくりした砂目が魅力でしたが、中期頃からは藩主の献上品としてきめ細かい磁器に近い京焼風のものが焼かれるようになり、これが後期唐津のおこりで胎土はきめ細かくなって行きますが本品はこの頃のお品と思います。収納箱の蓋表に「唐津猪口八ッ 内四ッ皮鯨 四ッ大形」の墨書.蓋裏には「安政三年丙辰冬相求 十一代瀧川伝右衛門○典しる須 瀧川蔵」の墨書がありますので、安政3年(1856)に求めた時点では二種の猪口が4個ずつしかなかったと思われ、猪口の製作年代はより遡り中期頃の作と考えています。

お問い合わせはお気軽に

【営業時間】10:00~17:00
【定休日】日・祝・年末年始

(場合によってはお客様都合に合わせます)
※但しご来店の際はお電話ください。

ページトップへ