蔵出し品やコレクターからの受譲品が多数入荷中 古民芸・骨董水馬

お気軽にお問い合わせください

古民芸・骨董水馬 TEL:048-652-3710
【受付時間】
10:00~17:00
【定休日】
日・祝・年末年始
メニューボタン

商品紹介

HOME> 商品紹介> 金工品・硝子> 江戸紫徳利.透明徳利 2本   18世紀後半 

江戸紫徳利.透明徳利 2本   18世紀後半 

価格 24万円(税別)

共に宙吹き技法(吹きガラス)で作られ、金彩エナメルで絵付けされていますが剥落しており、紫徳利は花文様が描かれていることが解かりますが、透明徳利は所々に金彩が残っているだけで絵柄は解かりません。紫徳利は口径2.7㎝ですが正円形ではありません。切り離した後、口の部分にだけ熱を当てて形を整えているからです。口縁部は鋭く外反し.直下で括れ.なだらかな弧を描きながら肩部へ移行.やや膨らみながら最大径6.2㎝を有する胴最下部に達し.底部に至っています。肩部と胴最下部の2ヶ所で膨らんでいるのが特徴です。底径4.5㎝の碁笥底で.高さ16.3㎝ 重さ105g 容量cc。金彩による花文様は片側(表面)のみに描かれているように見えます。透明徳利は口径2.7~2.8㎝で若干歪に見えますが紫徳利と同様に切り離した後、口の部分にだけ熱を当てて形を整えているからです。胴最大径は最下部近くにあり6.6㎝を計測. 底径4.5㎝で碁笥底 高さ15.5㎝ 重さ95g 容量cc。全体の形は紫徳利と同様で肩部と胴最下部の2ヶ所で膨らんでいます。江戸時代後期まで厚いガラスの器を作る技術の習得が出来なかったため、本品のような薄いガラスが主流を占めていましたが、宙吹き技法(吹きガラス)で作られた徳利はすうっと上に伸びあがる形.まあるい膨らみなど儚げで端正な顔だちを思わせます。安永元年(1772)の川柳に「家ごとにびいどろさがる寒い晩」と「つらら」をビードロに例え、天明元年(1781)には美しさの比較にならぬ例えに「びいどろと蒟蒻玉」などの言葉が用いられるほどビードロは庶民の生活の中に入り込んでいたようです。黒漆塗りの上等な箱に入って私のところに来ましたので、手許にあった布に包みました。箱の内底に徳利の底と同じ大きさの痕が付いていますので、恐らく徳利用に誂えた時代ものの箱と考えられますが、其処彼処に鼠が齧った痕が見受けられます。

お問い合わせはお気軽に

【営業時間】10:00~17:00
【定休日】日・祝・年末年始

(場合によってはお客様都合に合わせます)
※但しご来店の際はお電話ください。

ページトップへ