蔵出し品やコレクターからの受譲品が多数入荷中 古民芸・骨董水馬

お気軽にお問い合わせください

古民芸・骨董水馬 TEL:048-652-3710
【受付時間】
10:00~17:00
【定休日】
日・祝・年末年始
メニューボタン

商品紹介

HOME> 商品紹介> 仏教美術> 木彫漆箔如意輪観世音菩薩坐像   室町時代 玉眼

木彫漆箔如意輪観世音菩薩坐像   室町時代 玉眼

価格 25万円(税別)

像高16.3㎝ 像幅12.5㎝ 像奥行10.2㎝ 重さ200g。一般的に如意輪観世音菩薩像は本品のように坐像で一面六臂像で表現される場合が多いようです。高髻を結い.宝冠をいただき.胸飾りをつけ.衲衣を着し、片膝を上げて右手の肘をかけ指先は思惟の姿相を表わし、左手は掌を広げて地に触れていますが、どうすれば人々を救えるのかと悩んでいるお姿だとされています。足裏は両方を合わせていますが、これは輪王座と呼ばれる姿勢で如意輪観音の特徴です。六臂像で造られており、二本の手には尊名の由来である如意宝珠と法輪(輪宝)を持っています。右第三の手は外方に垂らして本来は数珠を持ちますが欠損しており、左第二手は未開敷蓮華を持ち玉眼が嵌入されており作行きも中々のものです。時代の異なる台座に糊付けされておりましたので分離しました。人気抜群の如意輪観世音菩薩像を座右に置いてお楽しみください。

お問い合わせはお気軽に

【営業時間】10:00~17:00
【定休日】日・祝・年末年始

(場合によってはお客様都合に合わせます)
※但しご来店の際はお電話ください。

ページトップへ