蔵出し品やコレクターからの受譲品が多数入荷中 古民芸・骨董水馬

お気軽にお問い合わせください

古民芸・骨董水馬 TEL:048-652-3710
【受付時間】
10:00~17:00
【定休日】
日・祝・年末年始
メニューボタン

商品紹介

HOME> 商品紹介> 仏教美術> 須弥壇の親柱頭部(?) 江戸時代

須弥壇の親柱頭部(?) 江戸時代

価格 3万円(税別)

高36,0㎝(台除く) 最上部は宝珠で径9,0㎝の円形の上に乗り 更に下段は厚さ4,0㎝,径13,0㎝の隅切八角形の台 これらを支える様に径4,5㎝,高5,5㎝の柱が四隅に立ち この間に花文様の様に見える彫刻が4本ついている(1本は古いキズがあり花芯が欠けている) 上部が基本四角形に対し中央部以下は八角形で中程に1,3㎝程の隆帯が廻る 何なのか良く分からないが全体に黒くなっており 建物の内部で使用されていたものと考えられる 造形的に面白いので取り上げた人がおり台を付けて飾り楽しんでいたのだろう 須弥壇の親柱としたが確証があるわけではない 用材はケヤキだと思う 重4,4kg。仏1-11

お問い合わせはお気軽に

【営業時間】10:00~17:00
【定休日】日・祝・年末年始

(場合によってはお客様都合に合わせます)
※但しご来店の際はお電話ください。

ページトップへ