蔵出し品やコレクターからの受譲品が多数入荷中 古民芸・骨董水馬

お気軽にお問い合わせください

古民芸・骨董水馬 TEL:048-652-3710
【受付時間】
10:00~17:00
【定休日】
日・祝・年末年始
メニューボタン

商品紹介

HOME> 商品紹介> 茶道具> 黄瀬戸筒茶盌(アヤメ手) 桃山~江戸時代初期 伝世品

黄瀬戸筒茶盌(アヤメ手) 桃山~江戸時代初期 伝世品

価格 12万円(ご予約頂きました)(税別)

口径6,8㎝ 胴径7,4㎝ 高さ9,0㎝ 底径5,0㎝ 重さ200g。口縁部は薄作り(1.0~1.5㎜)で本来は筒向付だったのでしょうが、時代の経過とともに離れになったのを茶人が牙蓋,仕覆,箱を誂え筒茶盌として取り上げたのでしょう。牙蓋,仕覆,箱の値段も大変だと思いますが昔の茶人は当たり前の様に見立てて使用しており感心するばかりです。特に箱の内側四面に綿(?)の入った6ⅹ10㎝程の長方形の薄い袋を貼り付け、仕覆に入った器を保護している心遣いには頭が下がります。この様な心の持ちようは「江戸しぐさ」に通ずるのでしょうか。口縁部下に細い沈線文が廻り胴下部に交差する草文の様な文様が5ヶ所に彫り込まれており、胴最下部は急傾斜で底部へ移行します。底部は僅かに碁笥底で無釉ですが中央部に釉がが掛けられ、周囲の雰囲気から輪トチ跡なのでしょうか。内側に胆礬があり全体にかせた感じのする器です。古箱蓋表には消えかかっていますが墨書で「古セト筒」とあり、箱脇に「黄瀬戸筒茶盌の墨書と朱でアヤメ手」と書かれた貼紙がありますが、上品な牙蓋(30g)も付いているので「茶入れ」にも転用したのでしょうか。口縁部の内外に色の変わった部分がありますが、補修(補強)の痕なのでしょうか.それとも釉の流れなのでしょうか。手で触れてみても違和感はありませんし、薄作りと言うことから考えると補強のように見えます。

お問い合わせはお気軽に

【営業時間】10:00~17:00
【定休日】日・祝・年末年始

(場合によってはお客様都合に合わせます)
※但しご来店の際はお電話ください。

ページトップへ