蔵出し品やコレクターからの受譲品が多数入荷中 古民芸・骨董水馬

お気軽にお問い合わせください

古民芸・骨董水馬 TEL:048-652-3710
【受付時間】
10:00~17:00
【定休日】
日・祝・年末年始
メニューボタン

商品紹介

HOME> 商品紹介> その他陶磁器> 李朝分院手染付「福」字銘八角皿 李朝時代後期

李朝分院手染付「福」字銘八角皿 李朝時代後期

価格 20万円(ご予約頂きました)(税別)

口径19,4~19,8㎝ 高台径8,8㎝ 高さ4,3~4,5㎝ 重さ675g。白磁釉を総掛けしていますが白磁はくすんだ灰色を呈しており、八角形の角は丸味を持っています。手取り感は重く感じ口縁部から見込み部まで三段に落ち込み、皿というより深皿という感じがします。見込み部は丸く落ち込んだ中に染付円線が廻り「福」字の染付銘が書かれています。福字の中心部も手で触れると落ち込んでいる様に感じますので、厳密に言えば口縁部から四段に落ち込んでいるということになります。裏側は口縁部下に明確な段差があり、高台部との境には沈線文が廻っています。畳付き部には砂の様なものが付着していますが撫でるとツルツルとしています。表裏面に使用痕が見られ高台部に窯キズがあります。非常に珍しい形の皿で祭器として使用されたのではないかと思います。同じような皿が大阪市東洋陶磁美術館発行の図録「李秉昌コレクション韓国陶磁の美」の198頁、図版番号169に掲載されています。李朝コレクター氏からの譲渡品で上等な桐箱に収められており、箱表には青紙で枠取りした布に「李朝染付面取皿」の墨書があります。

お問い合わせはお気軽に

【営業時間】10:00~17:00
【定休日】日・祝・年末年始

(場合によってはお客様都合に合わせます)
※但しご来店の際はお電話ください。

ページトップへ