蔵出し品やコレクターからの受譲品が多数入荷中 古民芸・骨董水馬

お気軽にお問い合わせください

古民芸・骨董水馬 TEL:048-652-3710
【受付時間】
10:00~17:00
【定休日】
日・祝・年末年始
メニューボタン

商品紹介

HOME> 商品紹介> その他陶磁器> 絵志野羊歯文中皿   江戸時代後期   

絵志野羊歯文中皿   江戸時代後期   

価格 3万円(税別)

口径24.6㎝ 底径15.0㎝ 高さ3.3㎝ 重さ830g。厚い白素地の胎土の大ぶりな器体に鉄釉で羊歯文を大小に描き、白い長石釉 (志野釉) をたっぷりと掛けて焼成していますが、釉が掛かっていない部分.薄く掛かっている部分.厚く掛かっている部分があり、それぞれ違った景色を作り出しています。口縁部には鉄釉が塗られ幾分立ち上がった珍しい形をしています。志野釉の掛かった口縁部下から見込部に掛けては細かい魚子貫入が.見込み部中央部には大き目な貫入が見られます。裏側の作りも豪快で志野釉の掛かっている部分には細かい魚子貫入が見られ、底部周りの露胎部で釉が飛び飛びに掛かっている部分は刷毛で塗られたような痕跡があります。底部内は幅広の箆で三筋に削られ、太い筆で志野釉を「の」の字状に塗り付けていますが、塗り始めは志野釉ですが.途中から釉が薄くなった部分は赤く発色し対比が景色になっています。底部の畳付き部は永年の使用により擦れた状態です。江戸時代後期頃の古い箱(一部割れが入っています)に収納されていますが、スペースから考えると当初は2~3枚あったのではないかと思われます。その他2-45 

お問い合わせはお気軽に

【営業時間】10:00~17:00
【定休日】日・祝・年末年始

(場合によってはお客様都合に合わせます)
※但しご来店の際はお電話ください。

ページトップへ