蔵出し品やコレクターからの受譲品が多数入荷中 古民芸・骨董水馬

お気軽にお問い合わせください

古民芸・骨董水馬 TEL:048-652-3710
【受付時間】
10:00~17:00
【定休日】
日・祝・年末年始
メニューボタン

商品紹介

HOME> 商品紹介> その他陶磁器> 李朝分院手染付壽字徳利  李朝時代後期    

李朝分院手染付壽字徳利  李朝時代後期    

価格 25万円(税別)

口径2.7㎝ 胴径9.3㎝ 高台径6.4㎝ 高さ14.0㎝ 重さ310g 容量220cc。細く長い口作り.下膨れの安定した形の徳利で、胴中央部に二重丸の中に壽字が書かれた文様が3個配されています。李朝では1700年を境に灰白色の白磁が急速に乳白色に変化し、1752年に官窯が金沙里から分院里へ移転され安定した王朝の磁器を焼成され名品が多く残されています。本品は18世紀末頃から19世紀初めの頃の作品と思いますが、25~30㎝を超える大形徳利が多い中で、独酌用の小さい徳利は可成り珍しいと思います。呉須の色と白磁の白さが良く合っていると思いますし、高台内も深く削られ.畳付き部も綺麗に処理されています。呉須に濃淡があり.丸線の描き方は雑と言えば雑で.高台部を廻る染付線も途中でズッコケているところが李朝らしく好ましく感じられます。その他14-12 

お問い合わせはお気軽に

【営業時間】10:00~17:00
【定休日】日・祝・年末年始

(場合によってはお客様都合に合わせます)
※但しご来店の際はお電話ください。

ページトップへ