蔵出し品やコレクターからの受譲品が多数入荷中 古民芸・骨董水馬

お気軽にお問い合わせください

古民芸・骨董水馬 TEL:048-652-3710
【受付時間】
10:00~17:00
【定休日】
日・祝・年末年始
メニューボタン

商品紹介

HOME> 商品紹介> 茶道具> 琉球壺屋焼締小鉢(茶碗)   18世紀   

琉球壺屋焼締小鉢(茶碗)   18世紀   

価格 4万円(税別)

口径11.0~11.6㎝ 胴径12.9㎝ 底径7.2㎝の平底 高さ6.9~7.1㎝ 重さ360g 容量400cc。口縁部は内傾し、胴中央部に最大径がある塩笥形を呈しています。口縁部直下に鋭く細いもので引いた沈線文が一周し、細い沈線間に針先で押したような小さな連続刺突文が並んでいます。内側は外側の胴最大径の辺りで一段窪んでいますので、内側を押し込むようにして胴部を押し出しているのでしょう。内側は更に一段落ち込み、見込み部がもう一段小さく落ち込んでいます。内側の形が茶碗に向いているので茶人が「見立て茶碗」として取り上げたのでしょう。撮影時には内外共に簡単な水洗いをして撮影しましたので写真のような色をしていますが、乾くと内側全体に白みが散見されますが、特に一段目の落ち込み辺りから見込み部にかけては白み部分が多くなります。因みにお抹茶を頂くと「白み部分が多い部分」は茶筅摺り部の辺りから下の部分で、飲み干してから1分程で白みに戻り始め、見込み部が元に戻るには30分かかりました。用心箱には「塩笥 茶碗」の墨書があります。

お問い合わせはお気軽に

【営業時間】10:00~17:00
【定休日】日・祝・年末年始

(場合によってはお客様都合に合わせます)
※但しご来店の際はお電話ください。

ページトップへ