蔵出し品やコレクターからの受譲品が多数入荷中 古民芸・骨董水馬

お気軽にお問い合わせください

古民芸・骨董水馬 TEL:048-652-3710
【受付時間】
10:00~17:00
【定休日】
日・祝・年末年始
メニューボタン

商品紹介

HOME> 商品紹介> 茶道具> 高麗無地刷毛目茶碗   李朝時代初期  伝世品

高麗無地刷毛目茶碗   李朝時代初期  伝世品

価格 20万円(税別)

「やわらか手茶碗」として紹介しましたが、「無地刷毛目茶碗」のような気がしておりますので再紹介します。口径14.4~14.7㎝ 高台径5.5~5.6㎝ 高さ7.4~7.8㎝ 重さ400g。ニユーが1本あり内外ともに金で止めてあります。口縁部は端反りで、内部は砂混じりの淡褐色の素地に白泥を柄杓掛けし、更に薄く透明釉を掛けて還元気味に焼き上げています。粉引は全体に白化粧をしているのに対し、本品は高台回りと高台部の一部が土見せになっていますので、無地刷毛目茶碗ではないかと思います。無地刷毛目茶碗は粉引ほど白泥の層が厚くなく.「一部に白化粧」が施されていますが.その一部分の白化粧が真っ白であることが約束事だそうで、本品はその約束事に適った作例と思われ.口縁部下から胴下部までの部分の三分の一程が「真っ白に白化粧」されています。胴下部から高台部にかけては灰釉(?)と白化粧がぶつかり合っているようで荒々しく.文様のようなものもあり.小石の飛び出しそうな部分もあり景色になっています。高台は竹の節で高台内の周りは抉られ渦状の兜巾が見られます。収納箱の蓋表には墨書で「粉引茶碗」とあり、側面には「粉引茶碗」と墨書された貼り紙がありますので、旧所有者は粉引茶碗と理解していたようです。堅手茶碗の「やわらか手」との見方もありますがご判断は各自でお願いします。

お問い合わせはお気軽に

【営業時間】10:00~17:00
【定休日】日・祝・年末年始

(場合によってはお客様都合に合わせます)
※但しご来店の際はお電話ください。

ページトップへ