蔵出し品やコレクターからの受譲品が多数入荷中 古民芸・骨董水馬

お気軽にお問い合わせください

古民芸・骨董水馬 TEL:048-652-3710
【受付時間】
10:00~17:00
【定休日】
日・祝・年末年始
メニューボタン

商品紹介

HOME> 商品紹介> 上記以外のもの> 相良刺繍金工金具煙草入・鹿角緒締・鹿角網代彫筒・銀煙管(17)  幕末~明治時代  煙管筒は絶品  

相良刺繍金工金具煙草入・鹿角緒締・鹿角網代彫筒・銀煙管(17)  幕末~明治時代  煙管筒は絶品  

価格 15万円(税別)

相良刺繍の煙草袋は13.3x7.3㎝ 厚さ1.7㎝で、濃紺・濃茶・茶・鼠色・紫の5色の糸を用い花唐草文を表現し、開くと鹿革を濃茶色に染めたが革が貼ってあり、前袋は木綿更紗と洒落ています。前金具は横幅3.3㎝の銅製の牛で金を被せており、裏座と止め金具は銀製。球形の緒締玉は鹿角製で11段に刻まれ.ちゅうおうの3本線に黒漆が塗られています。特記すべきは長さ19.8㎝ 幅3.2㎝の煙管筒で口金は銀製、網代状に彫られていますが材質は鹿角製です。鹿角をここまで細かく網代状に刻んだものは初見です。頭と尻に刻んである「一」は「一文字紋」でしょうか。手を掛けた職人の技には驚きを通り越して 只々、脱帽するのみです。煙管は長さ19.7㎝で雁首部分5.1㎝.吸い口部分7.6㎝は銀製です。雁首部分は叩きつけられており、何が刻まれているのか判然としませんが岩山は確認出来ます。吸い口部分は大きな鯉に乗った琴高仙人が刻まれ「芳正」の彫り銘があります。琴高仙人は中国周代の趙の仙人で琴の名手で鯉を巧みに乗りこなしたという伝説があり、古来より日本画・器・鍔などの題材になっています。金3-43  

お問い合わせはお気軽に

【営業時間】10:00~17:00
【定休日】日・祝・年末年始

(場合によってはお客様都合に合わせます)
※但しご来店の際はお電話ください。

ページトップへ