蔵出し品やコレクターからの受譲品が多数入荷中 古民芸・骨董水馬

お気軽にお問い合わせください

古民芸・骨董水馬 TEL:048-652-3710
【受付時間】
10:00~17:00
【定休日】
日・祝・年末年始
メニューボタン

商品紹介

HOME> 商品紹介> 茶道具> 伊羅保茶碗   江戸時代   

伊羅保茶碗   江戸時代   

価格 25000円(税別)

口径13.8~13.9㎝ 高台径6.0㎝ 高さ7.5~7.6㎝ 重さ245g。本歌の伊羅保茶碗は高麗茶碗のひとつで、江戸時代初期に日本からの注文で作られたと言われ、作行は碗形の大形茶碗で.総体に薄く成形され.形は深め.胴はあまり張らず.腰から口まで真直ぐに延び.口が大きく開いています。小砂混じりの素地に青黄色の釉が総掛けされ.恰もイライラするような景色を呈するところから命名されたと言われています。本品は内外ともに轆轤目が筋立ち.口も大きく開き.端反の口縁と伊羅保茶碗の特色を備えており、見込み部には5個の長方形の目跡があり、口縁部内側には濃緑の釉溜りが見られます。高台畳付き部にはトチン痕が残り.高台内には大きな兜巾があります。伊羅保茶碗は江戸時代に人気を博し、京都や島根などで沢山の写しが焼かれていますが、本品も国産のひとつでしょうか。ニユーが1本あります。茶16-65   

お問い合わせはお気軽に

【営業時間】10:00~17:00
【定休日】日・祝・年末年始

(場合によってはお客様都合に合わせます)
※但しご来店の際はお電話ください。

ページトップへ