蔵出し品やコレクターからの受譲品が多数入荷中 古民芸・骨董水馬

お気軽にお問い合わせください

古民芸・骨董水馬 TEL:048-652-3710
【受付時間】
10:00~17:00
【定休日】
日・祝・年末年始
メニューボタン

商品紹介

HOME> 商品紹介> 伊万里> 藍九谷手釣人葦雁文中皿   江戸時代前期   

藍九谷手釣人葦雁文中皿   江戸時代前期   

価格 8万円(税別)

口径20.7~21.3㎝ 高台径13.8㎝ 高さ2.7~3.0㎝ 重さ306g。口縁部には錆が塗られていますがこの技法は1640年代から増加する技術です。見込み部とは二重円線で画されていますが、口縁部下と見込み部との間には8個のスペート状の窓絵が配され、内部に陽刻の如意頭文様が見られます。窓絵間には墨弾き手法で唐草文が見られますが、伊万里では1650年代から見られる手法ですので、本品の製作年代が想像出来ます。見込み部は径14.0㎝と広く取られ.葦の生える湖で小舟の上に立った雨合羽を着した釣り人が釣り糸を投げ込んだのでしょうか.驚いた雁が2羽飛び立って行く様子が描かれています。釣竿の先の方の葦の穂の辺りが盛り上がり.釣竿の中程から右上にかけて約4.5㎝のニューがあり裏側に抜けています。裏側は無文で高台内の円線内に.染付の方形枠内に大きく「福」の銘が見られますが、藍九谷独特の書き方で.トチン痕が1個とヒッツキ痕があります。佐賀県立九州陶磁文化館発行の『柴田コレクションⅡ』167の皿と同手で.1655~70年代に製作された皿で焼成は良好です。伊20-100 

お問い合わせはお気軽に

【営業時間】10:00~17:00
【定休日】日・祝・年末年始

(場合によってはお客様都合に合わせます)
※但しご来店の際はお電話ください。

ページトップへ