蔵出し品やコレクターからの受譲品が多数入荷中 古民芸・骨董水馬

お気軽にお問い合わせください

古民芸・骨董水馬 TEL:048-652-3710
【受付時間】
10:00~17:00
【定休日】
日・祝・年末年始
メニューボタン

商品紹介

HOME> 商品紹介> その他陶磁器> 弥七田織部台鉢   江戸時代初期    

弥七田織部台鉢   江戸時代初期    

価格 15万円(税別)

口径21.3㎝ 高台径9.2㎝ 高台高4.4㎝ 総高7.1~7.6㎝ 重さ622g。口縁部は小さな輪花形に作られ、大きく開き口縁部下で括れ.胴下部で屈曲して高台部へ移行しています。高台部の高さは4.0㎝あり外側に大きく開く撥形を呈しています。口縁部下2㎝程は薄作りで、以下は厚く作られています。全面に白釉が掛けられ小さな魚子貫入が見られます。表面の文様は鉄釉の濃淡と太さの違いで5本の輪線文が描かれており、所々に緑釉の垂らし掛けがあります。織部のように緑を面で使わず.点と線で使っており、溜まった部分は青みが混じり幻想的です。奇抜で大胆な色使いと造形に特色のある織部と比べると洒脱・モダンさを感じます。裏側は初期伊万里から藍九谷に掛けての台鉢のような感じを受けましたが、緑の点が3ヶ所に見られます。織部の晩期に属し京焼の影響を受け入れているような感じがします。古箱入りで紐に「弥七田織部台鉢」と書かれた紙札が巻かれ.下箱脇には「弥七田織部台鉢」と墨書のある貼紙があります。口縁部に釉ハゲ2ヶ所.高台縁部に3ヶ所の古いホツがありますが、時代物ですので許容範囲でしょうし気になる程のものではないと思います。  

お問い合わせはお気軽に

【営業時間】10:00~17:00
【定休日】日・祝・年末年始

(場合によってはお客様都合に合わせます)
※但しご来店の際はお電話ください。

ページトップへ