蔵出し品やコレクターからの受譲品が多数入荷中 古民芸・骨董水馬

お気軽にお問い合わせください

古民芸・骨董水馬 TEL:048-652-3710
【受付時間】
10:00~17:00
【定休日】
日・祝・年末年始
メニューボタン

商品紹介

HOME> 商品紹介> 伊万里> 古伊万里七宝繋と四弁花文蕎麦猪口(28) 江戸時代後期

古伊万里七宝繋と四弁花文蕎麦猪口(28) 江戸時代後期

価格 1万円(税別)

口径8,2~8,5㎝ 底径5,6~5,8㎝で正円形ではなく上げ底になっています。高さ6,3㎝。所謂広東形の蕎麦猪口で高台が高く、口縁が少しそり気味の特徴ある形をしており、1780~1820年頃にかけて生産されました。これは当時生産されていた広東形碗の影響だと考えられています。胴部に6ヶの枠を設け七宝繋文と四弁花文を交互に描いていますが、肌の色,呉須の発色共に良く上手の作と思われます。

お問い合わせはお気軽に

【営業時間】10:00~17:00
【定休日】日・祝・年末年始

(場合によってはお客様都合に合わせます)
※但しご来店の際はお電話ください。

ページトップへ