蔵出し品やコレクターからの受譲品が多数入荷中 古民芸・骨董水馬

お気軽にお問い合わせください

古民芸・骨董水馬 TEL:048-652-3710
【受付時間】
10:00~17:00
【定休日】
日・祝・年末年始
メニューボタン

商品紹介

HOME> 商品紹介> その他陶磁器> 李朝粉引酒盃   李朝時代前期(16世紀)   

李朝粉引酒盃   李朝時代前期(16世紀)   

価格 10万円(売却済)(税別)

口径8.5~8.7㎝ 高台径3.9㎝ 高さ3.6~3.7㎝ 重さ93g 容量50cc。李朝では粉引は15~16世紀には民需用の白磁の代用品として流行し、独特の力強くユニークな造形を展開させますが、16世紀以後の白磁生産の本格化とともに末頃には衰退し消滅しました。胎土の色は様々ですが、鉄分の多い黒い土を白く見せるために白化粧土が塗られているものがベースになっており、黒っぽい胎土に白化粧土で装飾したのち、透明釉をかけて本焼成されています。本品でも口縁部周りや胴部の所々に化粧土の下から土の鉄分が黒っぽく浮き出ていることが分かります。高台回りの削りは形が引き締まった印象を受けますが、化粧土の薄いところに胎土の鉄分がにじんでいるほか、畳付きには褐色の胎土が一部のぞいています。このように白化粧を基調としながらも、器の表情(大小の貫入.白化粧と鉄分の黒が混じった色合い.鉄分の噴き出し.高台周りの雪解けのような景色)など多彩なところが粉引の魅力と言えます。胎土から見て鶏龍山の脇窯の産でしょうか。その他24-59  

お問い合わせはお気軽に

【営業時間】10:00~17:00
【定休日】日・祝・年末年始

(場合によってはお客様都合に合わせます)
※但しご来店の際はお電話ください。

ページトップへ