蔵出し品やコレクターからの受譲品が多数入荷中 古民芸・骨董水馬

お気軽にお問い合わせください

古民芸・骨董水馬 TEL:048-652-3710
【受付時間】
10:00~17:00
【定休日】
日・祝・年末年始
メニューボタン

商品紹介

HOME> 商品紹介> 仏教美術> 木彫漆箔彩色不動明王坐像   江戸時代   

木彫漆箔彩色不動明王坐像   江戸時代   

価格 5万円(売却済)(税別)

台座の大きさ横幅21.4㎝ 奥行15.7㎝ 高さ28.8㎝ 総重量1100g。不動明王は大日如来の化身とも言われ、真言宗.天台宗.禅宗.日蓮宗等の日本仏教の諸派および修験道で幅広く信仰されている五大明王の中心となる明王でもあります。通常は一面二臂で降魔の三鈷剣と羂索を持ち迦楼羅焔を背負っている姿が一般的ですが、本品では羂索を欠損しています。身体は黒色で表現され、頂には八葉蓮華、右牙を上に.左牙を外側に出し.迦楼羅焔を背負い.忿怒形で表現されています。大きな岩座に坐し.岩座は漆箔と彩色が施され.極小の白点は波飛沫を表し.小さな花文様も施され.不動明王の真下から流れ落ちる滝も表現されている上手物です。また、不動明王の前に小形の岩座が1個残り.右側の岩座は欠損していますが、恐らくこの小さな二つの岩座には矜羯羅童子と制多迦童子が配されていたのでしょう。最下段まで漆箔が施された上物ですが、経年変化により欠損したり汚れたりしていますが、製作当初は見事な出来映えのお品だったことが容易に想像出来ます。御利益は治病・安産・災害除去・怨敵降伏・財福などの種々の祈願を叶えてくれるとされ根強い信仰心に支えられています。仏9-15 

お問い合わせはお気軽に

【営業時間】10:00~17:00
【定休日】日・祝・年末年始

(場合によってはお客様都合に合わせます)
※但しご来店の際はお電話ください。

ページトップへ