蔵出し品やコレクターからの受譲品が多数入荷中 古民芸・骨董水馬

お気軽にお問い合わせください

古民芸・骨董水馬 TEL:048-652-3710
【受付時間】
10:00~17:00
【定休日】
日・祝・年末年始
メニューボタン

商品紹介

HOME> 商品紹介> 茶道具> 内金箔貼り黒漆塗り鉄鉢菓子器    桃山~江戸時代初期

内金箔貼り黒漆塗り鉄鉢菓子器    桃山~江戸時代初期

価格 10万円(税別)

鉄鉢は一般的に口辺が垂直あるいはやや内側に締まって抱え口となり、底には高台がなくて丸くなった形で鉄製や木製黒漆塗りのものがあり共に鉄鉢と呼んでいます。本来は僧が托鉢で食物などを受けるのに用いる器のことですが、本品は鉄製で口縁部は内傾し口径15,8㎝、胴中央部で屈曲し丸底の不安定な底部へ移行しており、口径12,7㎝ 胴径19.0㎝ 高さ13.3㎝ 重さ410gと薄作りです。何時の頃か解りませんがお茶人が外側に黒漆を塗り、内側に金箔を貼って菓子器として取り上げたのでしょう。金箔は幅7~8㎝程に切られ貼り付けられており、一部剝れ下地の鉄が見える所がありますが豪華さに変わりなく、細かい使用痕が見られ綺麗寂びを感じます。外側は鉄地のゴツゴツ感があり黒漆が剥げて茶色の鉄地が見える所があります。上から見ると満月のように見えますので、中秋の名月の茶会に使用すれば話がはずむでしょう。用心桐箱入りですが紐はありません。茶2-3 

お問い合わせはお気軽に

【営業時間】10:00~17:00
【定休日】日・祝・年末年始

(場合によってはお客様都合に合わせます)
※但しご来店の際はお電話ください。

ページトップへ