蔵出し品やコレクターからの受譲品が多数入荷中 古民芸・骨董水馬

お気軽にお問い合わせください

古民芸・骨董水馬 TEL:048-652-3710
【受付時間】
10:00~17:00
【定休日】
日・祝・年末年始
メニューボタン

商品紹介

HOME> 商品紹介> その他陶磁器> 絵唐津立酒盃(1)   江戸時代中期~後期   

絵唐津立酒盃(1)   江戸時代中期~後期   

価格 8万円(ご予約頂きました)(税別)

口径6.7~6.8㎝ 底径3.7~3.8㎝ 高さ5.2~5.4㎝ 重さ89g 容量90cc弱。口縁部は外反し.直下で括れ.そのまま胴最下部に至り.屈曲し底部に至っています。口縁部から胴部に掛けて2ヶ所に、鬼板と呼ばれる鉄溶液を使って風に吹かれる柳の枝と桧垣文を描き、灰色釉などの透明な釉を掛けて焼成しています。初期の画は単純素朴な絵が多く、何を描いているのかの理解出来兼ねるものが見られますが、織部好みの影響が入ってきた頃より筆使いも繊細になり、志野や織部に良く似た絵柄が見られるようになりますので、本品もその頃のものと捉え江戸時代中期~後期としました。内側外側共に輪積の痕が残り、外側は胴最下部まで施釉されていますが、一部が土見せ部まで流れ溜まって景色になっています。土見せ部から底部に掛けて赤く焼け、畳付き部から底部には縮緬皺が見られ.底部の削り込みは浅く低い兜巾もあります。見込みは茶碗の鏡部のように一段落ち込んでいます。全体にうっすらと赤味を帯びているので可成り使い込まれたように見えます。鉄砂釉の部分は赤茶色に発色し、胎土中に含まれる鉄分の周りも赤らみ.白く発色している部分や灰色に発色している部分と相俟って、現状でも魅力的ですが使い込んで行けば更に味が付くと考えています。唐津好きにとっては憧れの立盃(筒盃)で酒を飲むのは何よりも楽しいことと存じます。用心箱入り。その他28-92 

お問い合わせはお気軽に

【営業時間】10:00~17:00
【定休日】日・祝・年末年始

(場合によってはお客様都合に合わせます)
※但しご来店の際はお電話ください。

ページトップへ