蔵出し品やコレクターからの受譲品が多数入荷中 古民芸・骨董水馬

お気軽にお問い合わせください

古民芸・骨董水馬 TEL:048-652-3710
【受付時間】
10:00~17:00
【定休日】
日・祝・年末年始
メニューボタン

商品紹介

HOME> 商品紹介> 茶道具> 絵志野四方入角向付(1)   桃山~江戸時代初頭  伝世品   

絵志野四方入角向付(1)   桃山~江戸時代初頭  伝世品   

価格 20万円(税別)

口径9.0~9.4㎝ 底径5.5㎝ 高さ6.0~6.2㎝ 重さ285g 容量260cc。古志野は厚い胎土の器体に白い長石釉 (志野釉) を掛けて焼くのが特色ですが、本品も素地に鉄釉で簡素な絵を描きたっぷりと志野釉を掛けて焼成しており、内外に釉が厚く溜まっている部分が見られます。四側面に疎画が描かれていますが.うち一面は鼠色に発色しており何を描いたのか想像も出来ません。これほどに簡略した絵は大萱のものに多く見られものですが、四面の大きな余白部分に.斜方向に削りを入れて変化を持たせているので織部の影響を受けているのでしょう。底部外回りの入角部分は削って丸みを持たせ、中央部は丸く一段彫り込み.輪トチの痕が灰白色に残っていますが、百草土であり褐色に残る輪トチよりも時代は遡ると思います。釉の掛かり方で大きさ・形の違いがあり景のひとつですが、見込み部の布目痕も景色になっています。これは型に粘土を押し当てて向付を作る場合、作品を取り出す際に粘土が型に貼り付くのを防ぐために、型と粘土の間に土離れがよい麻布をかませると簡単に粘土が剥がれ布目の文様が残ったものです。本来の向付としての使用の他に、茶碗や大き目な酒盃としての使用も可です。コレクター氏からの譲渡品です。手許にあった用心桐箱に収納しました。その他28-73

お問い合わせはお気軽に

【営業時間】10:00~17:00
【定休日】日・祝・年末年始

(場合によってはお客様都合に合わせます)
※但しご来店の際はお電話ください。

ページトップへ