蔵出し品やコレクターからの受譲品が多数入荷中 古民芸・骨董水馬

お気軽にお問い合わせください

古民芸・骨董水馬 TEL:048-652-3710
【受付時間】
10:00~17:00
【定休日】
日・祝・年末年始
メニューボタン

商品紹介

HOME> 商品紹介> 仏教美術> 木彫漆箔十一面観音立像   江戸時代 珍しい合掌印   

木彫漆箔十一面観音立像   江戸時代 珍しい合掌印   

価格 25000円(税別)

尊像幅8.0㎝ 奥行5.5㎝ 高さ26.0㎝ 蓮華座径8.7㎝ 厚さ2.0㎝ 総重量219g。両足先・光背を欠損し、天衣の左裾が虫に喰われています。頂上に十面.本面と合わせて十一面で、両手を胸の中央で合わせて合掌印を結んでいます。十一面観音で合掌印を結んでいるのは非常に珍しいことで、千葉県小又井観音堂の十一面観音立像(平安時代)も合掌していますが、他に作例が無いと言う理由で「元は千手観音像であったか、後世に肘から先が合掌の形に変えられたか」として理解されているようですが、本像は時代の新しい小さな仏像で手を加えて作り直したようには見えません。前面には漆箔が良く残っていますが.背面は黒々としており電灯付きルーペで観ると薄っすらと金粉が見えるので、黒々とした下に金箔が隠れているのでしょう。背面上部に縦長の割れだありますが中を覗くと金箔が見えます。蓮華座の底部には「を」の字の墨書があり、中央部に深さ1.3㎝の小穴があるので倒れないように細い釘のようなものが挿し込まれ、且つ糊のようなもので固定されていたようです。口中に赤色が見えます。仏9-96

お問い合わせはお気軽に

【営業時間】10:00~17:00
【定休日】日・祝・年末年始

(場合によってはお客様都合に合わせます)
※但しご来店の際はお電話ください。

ページトップへ