蔵出し品やコレクターからの受譲品が多数入荷中 古民芸・骨董水馬

お気軽にお問い合わせください

古民芸・骨董水馬 TEL:048-652-3710
【受付時間】
10:00~17:00
【定休日】
日・祝・年末年始
メニューボタン

商品紹介

HOME> 商品紹介> 仏教美術> 観音菩薩立像(念持仏)   桃山~江戸時代初期   

観音菩薩立像(念持仏)   桃山~江戸時代初期   

価格 25000円(税別)

横幅1.3㎝ 奥行1.5㎝ 高さ3.5㎝ 重さ19g。極小さな仏像ですので個人が身辺に置き私的に礼拝するための仏像である念持仏と思います。小さくともお顔立も優しくスッキリとしています。念持仏にも枕本尊.陣仏.守本尊などがありますが、極小仏ですので常に身に着けていた懐中ご本尊(守本尊)と考えられます。時代経過とともに煤けていますが、出っ張っている部分や角々は擦れて銅本来の黄色みがかっています。極小仏ですので安置して拝むと言うよりは掌にのせて眺め信仰していたのでしょう。ルーペで見てお顔の表情が解かる程の極小仏です。袂の裏側や底部縁に金色に輝く部分も確認出来ますので鍍金が施されていると思います。観音様は日本では恐らく一番信仰を集めている仏様でしょう。慈悲の心により救いを求めている人がおれば直に救済をすると言われておりますので、座辺に置いて愛でてください。仏10-10

お問い合わせはお気軽に

【営業時間】10:00~17:00
【定休日】日・祝・年末年始

(場合によってはお客様都合に合わせます)
※但しご来店の際はお電話ください。

ページトップへ