蔵出し品やコレクターからの受譲品が多数入荷中 古民芸・骨董水馬

お気軽にお問い合わせください

古民芸・骨董水馬 TEL:048-652-3710
【受付時間】
10:00~17:00
【定休日】
日・祝・年末年始
メニューボタン

商品紹介

HOME> 商品紹介> その他陶磁器> 無地志野八寸皿   江戸時代後期 

無地志野八寸皿   江戸時代後期 

価格 2万円   (税別)

口径22.2㎝ 高台径12.7㎝ 高さ3.1~3.2㎝ 重さ710g。高台畳付き部に3ヶ所大小の欠けがありますが気になる程のものではありません。高台部を除き白色釉(長石を単味で用いるのが一般的)が掛けられ細かい魚子貫入や大き目な貫入が入り混じって景色を成しています。釉薬に厚く掛かっている部分は白さが増しピンホールも出ていますが、釉が溶けて流れ過ぎている部分には魚子貫入が目立ちます。無地皿ですので表面.裏面に箆で削りを入れてアクセントを付けています。口縁部は1.2㎝程立ち上がっており、外側(裏側)の立ち上がり部分の中程に太めの沈線文が一周しています。無釉部分を見ると胎土は灰褐色で、高台内に意識して掛けたような白色釉があり景を添えています。庶民が日常使用した雑器と言いたいところですが、江戸時代後期に焼き物を日常使用出来る庶民は村の上流階級の人達だと思います。その他9-12 

お問い合わせはお気軽に

【営業時間】10:00~17:00
【定休日】日・祝・年末年始

(場合によってはお客様都合に合わせます)
※但しご来店の際はお電話ください。

ページトップへ