蔵出し品やコレクターからの受譲品が多数入荷中 古民芸・骨董水馬

お気軽にお問い合わせください

古民芸・骨董水馬 TEL:048-652-3710
【受付時間】
10:00~17:00
【定休日】
日・祝・年末年始
メニューボタン

商品紹介

HOME> 商品紹介> 仏教美術> 赤漆塗黒漆銀杏葉散図机(1)   江戸時代初期~前期   

赤漆塗黒漆銀杏葉散図机(1)   江戸時代初期~前期   

価格 10万円(税別)

横幅90.7㎝ 縦幅44.3㎝ 高さ37.0㎝ 天板厚2.8㎝ 重さ約4.9㎏。都内の某寺院から出たもので、永い年月に亘り代々住職が使用していたそうですが、先代住職が天板の隙間(当初から2枚合わせ)が気になり裏側2ヶ所に幅1㎝程の「Ⅼ」字状の金具を取付け補強したそうです。銹付いたマイナスねじを何とか外しましたので廻りを傷めてしまいましたが使用するに障りはありません。天板上には確認出来るだけで大小19枚の銀杏の葉が黒漆で描かれていますが、大きな葉は葉脈まで細かく描かれ葉幅は10㎝を超え.葉の下に付く枝状のものを含めると16㎝にもなります。天板上は経年変化により赤漆が剥落し下地が見える部分が多々あります。大きさも手ごろなので、天板をこれ以上イタメないように厚紙で被い使用しています。

お問い合わせはお気軽に

【営業時間】10:00~17:00
【定休日】日・祝・年末年始

(場合によってはお客様都合に合わせます)
※但しご来店の際はお電話ください。

ページトップへ