蔵出し品やコレクターからの受譲品が多数入荷中 古民芸・骨董水馬

お気軽にお問い合わせください

古民芸・骨董水馬 TEL:048-652-3710
【受付時間】
10:00~17:00
【定休日】
日・祝・年末年始
メニューボタン

商品紹介

HOME> 商品紹介> 茶道具> 古萩茶碗   江戸時代前期   識者鑑   

古萩茶碗   江戸時代前期   識者鑑   

価格 8万円(売約済)(税別)

口径13.5~13.9㎝ 高台径6.0~6.2㎝ 高さ8.3~8.7㎝ 重さ308g。全体に薄作りで持った感じは大きさの割に軽く感じます。上から見るとお多福の顔のような形をしており、口縁部からニューが3本入り、極細く金で補修されています。全体に枇杷釉が掛けられ、細かい貫入が見られ.特に見込み部と高台部周りは魚子貫入になっています。内側外側共にピンク色に発色している部分が多く見られ、特に内側には御本が多く出ています。見込み部には形が崩れていますが目跡痕があり、高台畳付き部には4ヶのトチン痕が残り.高台内は渦状に削られています。胴中央部には大きな円形の滲みのような痕が出るなど味が出ていますが、まだまだ育つと考えています。上等な桐箱入り・仕覆付きで、日本陶磁協会理事の陶磁器研究家満岡忠成氏の箱書きがあります。 

お問い合わせはお気軽に

【営業時間】10:00~17:00
【定休日】日・祝・年末年始

(場合によってはお客様都合に合わせます)
※但しご来店の際はお電話ください。

ページトップへ