蔵出し品やコレクターからの受譲品が多数入荷中 古民芸・骨董水馬

お気軽にお問い合わせください

古民芸・骨董水馬 TEL:048-652-3710
【受付時間】
10:00~17:00
【定休日】
日・祝・年末年始
メニューボタン

商品紹介

HOME> 商品紹介> 茶道具> 金海猫掻手茶碗   江戸時代中期   

金海猫掻手茶碗   江戸時代中期   

価格 4万円(税別)

口径13.2~13.3㎝ 高台径6.0㎝ 高さ8.1㎝ 重さ368g 容量400cc。乳白の釉の総掛けで可成りの高温で焼かれているようで、指で叩くとカンカンと言う音がします。作行は厚く為に重量感があり、椀形で高台は外に強く開いた撥高台で且つ四ヶ所に切り込みを付けた割高台、四本足の畳付き部の大きさは三つが2.3~2.4㎝、一つが1.8㎝と短く作られています。足のひとつが小さいのは「御本金海」の特徴だそうですので、本品は御本金海茶碗かも知れません。高台内は渦状に作られ頂点が兜巾になっています。胴部には「猫掻」と呼ばれる猫の爪で引っ掻いたような櫛目状の刻線が一周しています。内部は見込み部に5ヶの目跡があり、幾分変色している部分もありますので、使い込んで行けば御本が出て来そうな雰囲気を持っています。古箱入り。

お問い合わせはお気軽に

【営業時間】10:00~17:00
【定休日】日・祝・年末年始

(場合によってはお客様都合に合わせます)
※但しご来店の際はお電話ください。

ページトップへ