蔵出し品やコレクターからの受譲品が多数入荷中 古民芸・骨董水馬

お気軽にお問い合わせください

古民芸・骨董水馬 TEL:048-652-3710
【受付時間】
10:00~17:00
【定休日】
日・祝・年末年始
メニューボタン

商品紹介

HOME> 商品紹介> その他陶磁器> 李朝分院手染付花文酒盃   李朝時代後期  無キズ   

李朝分院手染付花文酒盃   李朝時代後期  無キズ   

価格 8万円(税別)

口径5.6~5.7㎝ 高台径2.7㎝ 高さ4.7~4.8㎝ 重さ74g 容量40cc弱。外側は白く綺麗な白磁ですが、内側は青みがかった白磁に焼成され、見込み部には壽の字があり、外側は菊花が2輪と葉が連続で描かれ胴部を一回りしている珍しい手で、呉須も上物を使用しています。口縁部と高台部に染付線が廻り、高台部の切込みも深く、手に持つと底部が厚く作られていることが解かります(高台部の作りで官窯・民窯が解かります)。1752年に李朝最後の官窯が金沙里から分院里に移設されましたが、分院里窯の初期には金沙里窯と区別の付かない位に優美な物が焼かれていましたが、本品はその時代のもので18世紀末から19世紀初頭のものと思います。1883年に分院里が官窯から民窯に移管され、粗雑な焼き物が多数出回りますが本品はそれ以前のものです。口縁部に1ヶ所薄くなっている所がありますが釉が掛かっています。

お問い合わせはお気軽に

【営業時間】10:00~17:00
【定休日】日・祝・年末年始

(場合によってはお客様都合に合わせます)
※但しご来店の際はお電話ください。

ページトップへ