蔵出し品やコレクターからの受譲品が多数入荷中 古民芸・骨董水馬

お気軽にお問い合わせください

古民芸・骨董水馬 TEL:048-652-3710
【受付時間】
10:00~17:00
【定休日】
日・祝・年末年始
メニューボタン

商品紹介

HOME> 商品紹介> その他陶磁器> 古瀬戸灰釉碗(掘りの手)   鎌倉時代   

古瀬戸灰釉碗(掘りの手)   鎌倉時代   

価格 4万円(税別)

口径13.2~13.3㎝  高台径4.2㎝  高さ5.6~5.8㎝ 重さ270g。掘りの手ですが珍しく呼続はなく、口縁部に金直しが2ヶ所と大ニユーがあり外側のみ金で留めてありますが玄人の本格的な直しですし、内側には降りものが多く見られますが、これも丹念に落とした痕が見られますので、古時代の掘りの手碗を抹茶碗として取り上げた数寄者の執念のようなものを感じます。外側にはヒッツキや大きなソゲがあります。口縁部は丸味を持って外反気味に立ち上がり、口縁部下で僅かに括れなだらかな傾斜を持ち高台部へ移行し削り高台で作られています。一応碗としましたが所謂抹茶茶碗ではなく、それより時代の遡る祭器用の碗ではないかと考えています。内側は全体に.外側は胴中央部辺りまで灰釉が降り掛かり溜まって緑色に発色している部分もあります。底部近くに2ヶ所鉄釉の様な釉が付いていますが、若し鉄釉だとすると13世紀末~14世紀中頃の製品でしょうか。 桐箱入り。

お問い合わせはお気軽に

【営業時間】10:00~17:00
【定休日】日・祝・年末年始

(場合によってはお客様都合に合わせます)
※但しご来店の際はお電話ください。

ページトップへ