蔵出し品やコレクターからの受譲品が多数入荷中 古民芸・骨董水馬

お気軽にお問い合わせください

古民芸・骨董水馬 TEL:048-652-3710
【受付時間】
10:00~17:00
【定休日】
日・祝・年末年始
メニューボタン

商品紹介

HOME> 商品紹介> 伊万里> 初期伊万里猪口破片(24) 14点   江戸時代初期   

初期伊万里猪口破片(24) 14点   江戸時代初期   

価格 8000円(税別)

左上2点は茶碗破片ですが2番目の木の文様の破片は底部が厚く砂目高台ですので初期と思いますが、左端は高台部が深く削られていますが雰囲気的には古伊万里のような気がします。3番目の白磁皿は表面は白く焼成され二重円が3ヶありますが、1ヶは菊花文が陽刻されていますが他の2点は不明です。中段左は小破片ですが梅花に鶯の吹墨手ですが高台部内側側面と底部に銹釉のようなものが塗ってあります。2・3番目は皿の見込み部ですが太線のダミ手法で花文が描かれ、3番目の裏側には「高麗窯」の墨書があります。下段の蛇の高台は畳付き部を幅広く削り出していますが1640年代に猿川窯の出土品の中にあるようです。右から2番目の外側青磁釉の茶碗の高台部は1㎝程も削り込まれています。初期伊万里と言っても千差万別ですので破片の収集をお勧めします。特に高台のあるもの.口縁の残っているもの.文様のあるもの.徳利などの内面はその部分部分が比較し易く釉薬のなじみ具合.厚さ.箆(筆)使いなどは完品を撫ぜるよりも教えられるところが多く参考になります。それにしても贋物の初期伊万里皿などに8~10万円もの値をつけて入札している人達がおられますが、破片など見たことがないのでしょうか。

お問い合わせはお気軽に

【営業時間】10:00~17:00
【定休日】日・祝・年末年始

(場合によってはお客様都合に合わせます)
※但しご来店の際はお電話ください。

ページトップへ