蔵出し品やコレクターからの受譲品が多数入荷中 古民芸・骨董水馬

お気軽にお問い合わせください

古民芸・骨董水馬 TEL:048-652-3710
【受付時間】
10:00~17:00
【定休日】
日・祝・年末年始
メニューボタン

商品紹介

HOME> 商品紹介> 伊万里> 古伊万里赤絵金彩雪輪松竹梅文蕎麦猪口(203)   江戸時代中期   本物保証   

古伊万里赤絵金彩雪輪松竹梅文蕎麦猪口(203)   江戸時代中期   本物保証   

価格 25000円(税別)

口径7.5㎝ 底径5.5㎝のベタ底 高さ6.1~6.3㎝ 重さ104g 容量150cc。染付や他の色を使用せず、赤と金彩のみで絵付けする手法は元禄時代(1688~1704)の前後に見られますので本品も元禄前後の上手物と思います。松と竹.草を金彩で描き、梅の花には赤を添えています。特徴的なのは雪輪を描かず、赤い点線で小山のように積もった雪を表現しています。旧暦の12月中旬から下旬にかけて大雪が降り積もりましたが、新春を迎えるころに梅が咲き.雪の下から草が顔を出して春の訪れを告げている様子が窺えます。28~30年程前に群馬県高崎市の骨董市で金彩と赤だけで描かれた大きな枯れ草の下に蹲っている鶉の番の皿を購入したことがありましたが、赤と金彩のみで描かれたお品は2度目の買い物です。それだけ数の少ない希少なものなのでしょう。

お問い合わせはお気軽に

【営業時間】10:00~17:00
【定休日】日・祝・年末年始

(場合によってはお客様都合に合わせます)
※但しご来店の際はお電話ください。

ページトップへ