蔵出し品やコレクターからの受譲品が多数入荷中 古民芸・骨董水馬

お気軽にお問い合わせください

古民芸・骨董水馬 TEL:048-652-3710
【受付時間】
10:00~17:00
【定休日】
日・祝・年末年始
メニューボタン

商品紹介

HOME> 商品紹介> その他陶磁器> 越前柄杓掛け双耳二重口壺   江戸時代中期~後期   

越前柄杓掛け双耳二重口壺   江戸時代中期~後期   

価格 5000円(税別)

口径12.0㎝ 胴径18.7㎝ 底径14.5㎝の平底 高さ16.3㎝ 重さ1310g。口縁部の外側は欠けやホツが多く見られます。内側には蓋を受けるための鍔がぐるりと一周していますので当初は蓋があったのでしょう。双耳の片方を欠いていますが、残っている耳は実用的で紐が通せます。胴上部に「猫掻き」のような痕が見られ、双耳間に柄杓掛けが見られますので時代は若くなります。底部を横断するニユーがありますが現状では水漏れしませんが、花器として使用する際には落しを入れた方が安全です。越前焼は福井県丹生郡越前町の宮崎地区・織田地区で焼かれる陶器(炻器)で、釉薬を用いずに高温で焼成し薪の灰が器に流れ出し溶け込む自然釉の風合いで知られています。当初から壺や甕などの台所用品を作り、他の古窯が江戸時代に茶器などを焼いていった中で、越前焼だけは決して趣向を変えることなく雑器を焼き続けていましたので、江戸末期から明治には衰退の一途を辿り、一時は廃絶の危機に追い込まれた。

お問い合わせはお気軽に

【営業時間】10:00~17:00
【定休日】日・祝・年末年始

(場合によってはお客様都合に合わせます)
※但しご来店の際はお電話ください。

ページトップへ