蔵出し品やコレクターからの受譲品が多数入荷中 古民芸・骨董水馬

お気軽にお問い合わせください

古民芸・骨董水馬 TEL:048-652-3710
【受付時間】
10:00~17:00
【定休日】
日・祝・年末年始
メニューボタン

商品紹介

HOME> 商品紹介> その他陶磁器> 李朝分院白磁薬瓶(2)   李朝時代後期   

李朝分院白磁薬瓶(2)   李朝時代後期   

価格 9万円(税別)

口径3.8㎝ 胴径6.3㎝ 高台径5.0㎝ 高さ7.8㎝ 重さ198g 容量120cc。白磁釉の総掛けで、口縁部はやや外反し、肩部は肩衝ではなく人気の「なで肩」で高台内も綺麗に削られ調整されています。白磁は白く.頸部と肩部の境が少し青みがかっているように感じます。1752年に李朝最後の官窯が金沙里から分院里に移設され以後、1883年に分院里が官窯から民窯に移管されるまでを李朝後期と区分していますが、本品は形.白さから見てHPに既紹介済の(1)に比べると少し時代が下り、18世紀後半以降の産と考えられます。擦れなど使用感があります。白磁は王朝の焼物であったが故により洗練度を増し、その高貴さ.優雅さ.清楚さを完成の域に達せしめたと言うことがで出来ます。分院白磁の全体的な特徴は底が厚いことですが本品もその特徴を備えています。座右に置いて見て楽しむも良し.また少し贅沢な気分になって酒盃として使用しても楽しめます。但し形が酒盃として作られたわけではありませんので天井を見上げて飲み干してください。それでも1~2滴残ったら掌に落とし、感謝の気持ちを込めて器の外側へ擦り付けてください。コレクター氏からの譲渡品です。

お問い合わせはお気軽に

【営業時間】10:00~17:00
【定休日】日・祝・年末年始

(場合によってはお客様都合に合わせます)
※但しご来店の際はお電話ください。

ページトップへ