蔵出し品やコレクターからの受譲品が多数入荷中 古民芸・骨董水馬

お気軽にお問い合わせください

古民芸・骨董水馬 TEL:048-652-3710
【受付時間】
10:00~17:00
【定休日】
日・祝・年末年始
メニューボタン

商品紹介

HOME> 商品紹介> その他陶磁器> 唐津系高坏皿(鉢)   江戸時代後期~幕末   

唐津系高坏皿(鉢)   江戸時代後期~幕末   

価格 2万円(税別)

口径14.6㎝ 高さ8.0~8.4㎝ 足径7.1~7.3㎝ 重さ450g。無釉部分を見るときめ細かい褐色土で、九州系の土のように見えます。口縁部内側から脚部に掛けて長石釉が掛けられ、井戸茶碗などによく見られる枇杷色に発色し大きな貫入が見られます。脚部の径は約5.7㎝と太く.畳付き部の幅も1.2~1.8㎝と広く安定していますが、窯割れのようなキズが2本あり、口縁部には釉ハゲと小ホツが4ヶ見られます。皿(或いは鉢)の部分は基本的には無釉で、口縁部に掛けられた釉が垂れています。神前への供物をのせたものかと思いますが、肝心な部分が無釉であることに意味があると考えています。現在でも神前に米や塩を盛るための器は土器(かわらけ)と言い釉薬を掛けていません。本品で酒を飲む人はいないと思いますが容量は170ccです。

お問い合わせはお気軽に

【営業時間】10:00~17:00
【定休日】日・祝・年末年始

(場合によってはお客様都合に合わせます)
※但しご来店の際はお電話ください。

ページトップへ