蔵出し品やコレクターからの受譲品が多数入荷中 古民芸・骨董水馬

お気軽にお問い合わせください

古民芸・骨董水馬 TEL:048-652-3710
【受付時間】
10:00~17:00
【定休日】
日・祝・年末年始
メニューボタン

商品紹介

HOME> 商品紹介> 茶道具> 絵唐津竹形竹枝葉文筒茶碗   桃山時代

絵唐津竹形竹枝葉文筒茶碗   桃山時代

価格 56万円(税別)

口径8.7~8.8㎝ 高台径5.0㎝ 高さ9.5㎝ 重さ292g 容量300cc。絵唐津は桃山唐津の中でも数が多く、古唐津焼を代表する種類でもあります。素地に鉄分(鬼板)を含んだ絵具で文様を描き長石釉や木灰釉をかけて焼いたものです。本品は茶碗の形を竹形に作り、且つ口縁部下.胴中央部.胴下部を竹節状に作り、口縁部下から胴下部まで10本の連立する竹を描いて竹林を表現し、2本の竹に風になびく竹葉文を描いています。内側外側が施釉され細かい魚子貫入が見られます。無釉部分の高台周りは暗褐色に焼成され、縮緬皺と兜巾が見られます。内側も施釉されているので筒茶碗としましたが、本来は筒向付かも知れません。出水美術館「古唐津」展図録№68に「絵唐津葦文火入 桃山時代 高九・三㎝」が紹介されていますが、本品にある胴中央部の節がないだけで同じような形と大きさをしています。内側の写真がありませんので内部の施釉は確認出来ません。用心桐箱入り。コレクター氏からの譲渡品です。

お問い合わせはお気軽に

【営業時間】10:00~17:00
【定休日】日・祝・年末年始

(場合によってはお客様都合に合わせます)
※但しご来店の際はお電話ください。

ページトップへ