蔵出し品やコレクターからの受譲品が多数入荷中 古民芸・骨董水馬

お気軽にお問い合わせください

古民芸・骨董水馬 TEL:048-652-3710
【受付時間】
10:00~17:00
【定休日】
日・祝・年末年始
メニューボタン

商品紹介

HOME> 商品紹介> 茶道具> 青唐津茶碗(2) 掘りの手  桃山~江戸時代初頭

青唐津茶碗(2) 掘りの手  桃山~江戸時代初頭

価格 2万円(税別)

口径11.8~12.4㎝(推定)高台径5.0㎝ 高さ5.4~5.9㎝ 重さ225g 容量cc。呼継は3ヶ所あります。青唐津は木灰釉や灰釉を素地に掛け、還元炎焼成したもので素地の中に含まれている鉄分により青く発色したものをいいます。地味ではありますが唐津で最初に焼かれたのは青唐津です。青唐津は木灰釉や灰釉を素地に掛け、還元炎焼成したもので素地の中に含まれている鉄分により青く発色したものを言いますが、反対に酸化焼成にて黄色に発色し黄唐津となります。高台周りは赤褐色.褐色に焼成され、高台内には縮緬皺と兜巾が見られます。抹茶用の茶碗として作られたものではなく、唐津周辺や九州.四国.中国地方などの裕福な人たち向けの日常品としてに大量に作られたのでしょう。飯茶碗としての使用も宜しいでしょうが、オンザロックやハイボールでお楽しみ頂くのも一興でしょう。見込み部と畳付き部に小石の付着があります。

お問い合わせはお気軽に

【営業時間】10:00~17:00
【定休日】日・祝・年末年始

(場合によってはお客様都合に合わせます)
※但しご来店の際はお電話ください。

ページトップへ