蔵出し品やコレクターからの受譲品が多数入荷中 古民芸・骨董水馬

お気軽にお問い合わせください

古民芸・骨董水馬 TEL:048-652-3710
【受付時間】
10:00~17:00
【定休日】
日・祝・年末年始
メニューボタン

商品紹介

HOME> 商品紹介> 茶道具> 樂家三代道入(のんこう)造「あお菊皿」5客(1) 江戸時代初期 時代箱入り

樂家三代道入(のんこう)造「あお菊皿」5客(1) 江戸時代初期 時代箱入り

価格 32万円(税別)

口径は13.6~14.0㎝ 底径5.2~55㎝ 高さ5.8~6.0㎝ 重さ260~295gと区々で、底部の作りも正円形ではありませんが、これは楽焼が轆轤を使用せず手と箆だけで成形する手捏ね方法で成形するからです。口縁部は16菊花形に作られ全面に緑釉が掛けられていますが、750~1100度で焼成した軟質施釉陶器ですので、補修や補修後の二度窯のように見えるものもあります。収納箱は時代箱(桟欠.虫喰あり)で丸孔が穿たれていますが紐はありません。下箱の側面に墨書で「あを 菊皿」と江戸時代初期~前期に書かれたような書体の文字があります。緑釉のみという楽焼には珍しい器と思いましたが、樂美術館には中国の三彩陶の流れをくむ作品で、「二彩鶴首花入」と言う緑釉と黄釉の鮮やかな色合いの徳利がありますが、道入のモダンな作風を伝える名品と言われています。なお、本品全ての底面には二重丸印の中「樂」字の中の白が「自」となっている自楽印に見える印と「自」の右側部分が「ノム」になっていますし、押印の場所も区々です。道入は慶長4年(1599)~明暦2年(1658)の人で、三代目樂吉左衛門家当主で江戸時代初頭の陶芸家。楽焼に新生面を開き屈指の名手といわれ、剃髪後に道入と称しました。印は大印と小印の二種があるようで「樂」字の中の白が「自」となっているのが特徴で自楽印と呼ばれています。また押印の場所も中印.片押.遊印の別があります。千宗旦から「ノンカウ」銘の竹花入れをおくられ愛用したことから俗称で「のんこう」とも呼ばれていました。

お問い合わせはお気軽に

【営業時間】10:00~17:00
【定休日】日・祝・年末年始

(場合によってはお客様都合に合わせます)
※但しご来店の際はお電話ください。

ページトップへ