蔵出し品やコレクターからの受譲品が多数入荷中 古民芸・骨董水馬

お気軽にお問い合わせください

古民芸・骨董水馬 TEL:048-652-3710
【受付時間】
10:00~17:00
【定休日】
日・祝・年末年始
メニューボタン

商品紹介

HOME> 商品紹介> 仏教美術> 木彫漆箔阿弥陀如来坐像(1)   鎌倉時代

木彫漆箔阿弥陀如来坐像(1)   鎌倉時代

価格 28万円(税別)

横幅21.5㎝ 奥行21.3㎝ 高さ25.5㎝ 重さ540g。非常に軽く感じるのは材質の乾燥だけではなく、頭部及び本体の内側をを刳り貫いて製作されているからです。頭部は耳部の後ろ.本体は両肩.腹下.裳裾で割り、文様装飾を施したのちに貼り合わせて仏像にする寄木造りで作られています。為に大袈裟に言うと仏像の表情は表面のみで中は空洞です。頭部は割り首(差し首)で内刳りの技法が発展する過程で生まれた技法で内部は空洞です。螺髪の彫り方はこの時代の特徴が出ています。耳の後ろで割り内側を刳り貫いて水晶製の「義眼」を入れていますが、眼に潤いがあり生きているような雰囲気が出て来る技巧的な方法で、派手で見栄えもするために鎌倉時代から爆発的に普及しました。肉髻珠は欠損していますが、瑪瑙の白毫は残り.お顔から三道を経て腹部まで漆箔か施され.唇には赤色が残り.口元から髭が描かれていますので中国宋の影響を受けているのでしょうか。法衣に文様が施されていますが、木屑漆を塗って施文しているのではないかと思います。鎌倉時代の鎌倉地方周辺にのみ見られる特殊な技法に「土紋」と言って、土を型抜きした文様を衣部分に貼り付ける技法があるそうですが本像の文様がそうしたものか否かは判断出来ません。また、両腕を欠損しているので印相は解かりませんが、欠けた形から想像すると阿弥陀定印かと思います。坐り方は半跏趺坐に見えますが、通常、如来像には半跏趺坐の像はないと言われていますので衣に左足が隠れているのかも知れません。底裏には布が貼ってありますが底板の薄さや裳裾の補強のためでしょうか。古い時代の仏像ですのでイタミが其処かしこに見られます。なお、差し首は転がり落ちますので安置する際には充分のご注意お願いします。

お問い合わせはお気軽に

【営業時間】10:00~17:00
【定休日】日・祝・年末年始

(場合によってはお客様都合に合わせます)
※但しご来店の際はお電話ください。

ページトップへ