蔵出し品やコレクターからの受譲品が多数入荷中 古民芸・骨董水馬

お気軽にお問い合わせください

古民芸・骨董水馬 TEL:048-652-3710
【受付時間】
10:00~17:00
【定休日】
日・祝・年末年始
メニューボタン

商品紹介

HOME> 商品紹介> 金工品・硝子> 煙管(4)  江戸時代  銀製  ○次刻 

煙管(4)  江戸時代  銀製  ○次刻 

価格 3万円(税別)

長さ17.8㎝ 重さ40g。所謂「富士見西行之図」で雁首部分に雲の上に顔を出す富士山、吸口部分に岩に腰掛け.笠と杖を持ち富士を眺める西行法師が金と黒で表現され、○次刻の銘がありますが、浅学故に初めの崩し字が読めません。西行法師は平安時代末期の著名な漂泊の歌人で、生涯を旅の中に送ったと言われており、「願はくは花の下にて春死なむそのきさらぎの望月のころ」の歌の通りに往生を遂げたことでも有名で、古来より多くの作家たちに画.器物に描かれています。針金で内部の吸いカスを取り除き空気が通るようにしておきましたが、経年変化による汚れ.イタミなどがあります。

お問い合わせはお気軽に

【営業時間】10:00~17:00
【定休日】日・祝・年末年始

(場合によってはお客様都合に合わせます)
※但しご来店の際はお電話ください。

ページトップへ