蔵出し品やコレクターからの受譲品が多数入荷中 古民芸・骨董水馬

お気軽にお問い合わせください

古民芸・骨董水馬 TEL:048-652-3710
【受付時間】
10:00~17:00
【定休日】
日・祝・年末年始
メニューボタン

商品紹介

HOME> 商品紹介> 茶道具> 絵高麗菊絵見立茶碗(状筒.香炉) 李朝時代初期

絵高麗菊絵見立茶碗(状筒.香炉) 李朝時代初期

価格 12万円(税別)

口径11,5~11,9㎝ 高台径7,5㎝ 高さ8,3~8,5㎝ 重さ355g。文禄・慶長の役(1592~98)以後に渡来した白泥土を化粧がけした上に,鉄釉で黒,褐色の文様を描いた陶器を茶人が絵高麗と呼び慣わしたものです。朝鮮王朝期(李朝)のものが多いようですが.中国の磁州窯系のものも含まれているようです。本品は外側のみに文様が施されており、口縁部直下と胴下部に2本1組の鉄絵線文が廻り、その間に3ヶの菊花絵が描かれていますが、それぞれ微妙な違いがあり趣きがあります。下地の白泥土の化粧にも差があり.内側まで施釉されていますので香炉若しくは状筒かも知れませんが、外側内側ともに肌色から薄紫色に変色している部分がありますので茶碗に見立てられ使用されていたようにも思います。古箱には蔵番号の貼札と「絵高麗菊絵」の貼紙があり「茶碗」とはありませんが試しにお抹茶を頂いてみました。化粧土の裂けに茶筅もひっかからず口縁部がほぼ垂直なので飲み易さを感じましたし、内側にある「山形」の火間も幾分赤らんできましたので見立茶碗としました。時代物ですので口縁部などにイタミがあります。

お問い合わせはお気軽に

【営業時間】10:00~17:00
【定休日】日・祝・年末年始

(場合によってはお客様都合に合わせます)
※但しご来店の際はお電話ください。

ページトップへ