蔵出し品やコレクターからの受譲品が多数入荷中 古民芸・骨董水馬

お気軽にお問い合わせください

古民芸・骨董水馬 TEL:048-652-3710
【受付時間】
10:00~17:00
【定休日】
日・祝・年末年始
メニューボタン

商品紹介

HOME> 商品紹介> その他陶磁器> 明朝の染付皿   中国明朝成化年間(15世紀後半) 

明朝の染付皿   中国明朝成化年間(15世紀後半) 

価格 2万円(税別)

口径15.0㎝ 高台径6.5㎝ 高さ2.2~2.4㎝ 重さ155g。本品は明朝前半の成化年間(1465~1487)に製作された磁器で、器面中央部に六角.口縁部に沿って6輪の散し花弁が明るい上質の呉須で描かれています。成化年間になって官様磁器に再び年号名が記入されるようになりますが、本品高台内の円線の中にも成化年製の年号があります。成化~正徳の官様器皿はどれも本品のような小品ばかりだそうですが、成化の文様はほんのりとしたボカシの輪郭線に濃淡も加わえ、そこはかとない香りが発散しているものが多いようですが、正に本品は「成化年間」の特徴を備えています。景徳鎮窯で焼かれた染付磁器で、一般に古染付と呼ばれている磁器が出てくる天啓~万暦年間は、約三百年間弱の明朝の歴史の中で最も国力が衰微した末期ですので、本品の製作された時代より150年余も後の時代です。ニユーが1本と口縁部に虫喰いが見られます。

お問い合わせはお気軽に

【営業時間】10:00~17:00
【定休日】日・祝・年末年始

(場合によってはお客様都合に合わせます)
※但しご来店の際はお電話ください。

ページトップへ